美白第三類医薬品

トランシーノホワイトCクリア口コミおすすめ比較

トランシーノ ホワイトC クリア 粒を出している画像

L-システイン系美白医薬品「トランシーノ ホワイトC クリア」

トランシーノ ホワイトC クリアは肝斑の改善薬ではなく、しみそばかすの改善薬として第一三共ヘルスケアから販売されている医薬品です。
トランシーノホワイトCクリアしみやそばかすが気になる妊娠期、授乳期にも飲める美白医薬品です。

トランシーノ ホワイトC クリアの効能・効果

トランシーノホワイトCクリア 1回3錠 1日2回

15歳以上・2錠 1日2回
7歳~15歳未満 1回1錠 1日2回
7歳未満 服用しないでください

○しみ・そばかす・日やけ・かぶれによる色素沈着症
○次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
○次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血

1日2回、3錠を飲むのは、1日3回3錠を飲む他の飲む美白医薬品よりも簡単で、続けやすいですね。

トランシーノ ホワイトC クリア内容成分

トランシーノ ホワイトC クリア 粒を出している画像
  • L-システイン 240mg シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出します。
  • アスコルビン酸(ビタミンC)1000mg 過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善します。
  • コハク酸d-α-トコフェロール 50mg(天然型ビタミンE)  肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポートします。
  • リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)12mg
  • ニコチン酸アミド(ビタミンB3)60mg

他の飲む美白医薬品と比較してみましょう。

トランシーノホワイトCクリアとハイチオールCホワイティア内容成分比較

ハイチオールCホワイティア トランシーノホワイトCクリア
価格  2668円(amazon価格) 2808円
L-システイン 240mg 240mg

アスコルビン酸(ビタミンC)

 500mg 10000mg
パントテン酸カルシウム 30mg  なし・4つのビタミン入り

トランシーノホワイトCクリアは、L-システイン の量は最大量の240mgと同じなのですが、

ハイチオールCホワイティアよりもアスコルビン酸(ビタミンC)の成分量が500mgも多いです。

ハイチオールCホワイティアに入っているパントテン酸カルシウムは入ってないですが、

ターンオーバーの正常化に働きかける3種類の肌ビタミン、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、+ビタミンB3が入っているため、美肌効果もばっちりです。

トランシーノホワイトCクリアがおすすめの人は?

Lシステイン系美白医薬品は、他にも選択肢がたくさんあるのですが、しみやそばかすが気になりやすい、妊娠・授乳期にも飲めるのは「トランシーノホワイトCクリア」です。

しみと小じわが気になる方、冷え性の方は「ロスミンローヤル」がおすすめですが、

ハイチオールCホワイティアとの比較 ロスミンローヤル 飲みやすい小粒画像

しみそばかすが気になる「酒飲み」さんは、二日酔いケアもできる「ハイチオールCホワイティア」「キミエホワイトプラス」がおすすめです。

私はL-システイン系美白医薬品を5ヶ月間飲んで、こんなに白くなったので、Lシステイン系はすごいなと思っています。
キミエホワイトプラスを5ヶ月飲んだ私の手の肌の色ビフォーアフター
↑※この時は 高濃度ビタミンC飲む日焼け止めも併用していました。

にきびにもいいので、にきびができるお若い方もロスミンローヤルよりもハイチオールCホワイティアキミエホワイトプラスがおすすめですね。

またはニキビとそばかすが気になる方には「ミルセリンホワイト」も。こちらも料金的に高額ではなく、製薬会社発の信頼できる美白医薬品なのでおすすめです。
ハイチオールCホワイティア ミルセリンホワイトとの比較

L-システイン美白薬6本全部並べた画像
L-システイン飲む美白医薬品のおすすめ比較ご紹介美白スキンケアと違って、飲むだけで、デコルテや背中など塗っていない場所のしみそばかすまでケアしてくれるのが、 L-システインを配合...

 

※画像はトランシーノホワイトCですが、内容は1月22日に発売された、トランシーノホワイトCクリアのことを書いています。