美白第三類医薬品

ハイチオールCホワイティア美白効果口コミ比較

ハイチオールCホワイティア美白効果 粒を見せている画像

医師も使っている美白医薬品「ハイチオールCホワイティア」

ハイチオールCホワイティアはエスエス製薬のしみ・そばかすを治療する最新の医薬品です。
ハイチオールCホワイティア美白効果 瓶 現品画像
鈴木京香さんが「シミへの効果が認められている医薬品」とCMをしているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

私が美容皮膚科クリニックでしみのレーザー治療をした時も、美白飲み薬として

を処方されたので、医療業界でもハイチオールCは使われているようです。

ハイチオールCホワイティアの効能・効果

ハイチオールCホワイティア美白効果 1回2粒 粒の大きさ

15歳以上・2錠 1日2回

○しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
○全身倦怠
○二日酔
○にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

1日2回、2錠を飲むのは、1日3回3錠を飲む他の飲む美白医薬品よりもお手軽で続けやすいです。

ハイチオールCホワイティア内容成分

ハイチオールCホワイティア美白効果 粒を見せている画像
  • L-システイン 240mg シミの原因となる過剰なメラニンを生成抑制、無色化、排出します。
  • アスコルビン酸(ビタミンC)500mg 過剰なメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを改善します。
  • パントテン酸カルシウム 30mg  肌細胞の新陳代謝を正常化し、肌の回復をサポートします。

他の飲む美白医薬品と比較してみましょう。

ハイチオールCホワイティアとキミエホワイトプラスの内容成分比較

ハイチオールCホワイティア キミエホワイト
価格  2668円(amazon価格)  初回1900円・4200円
L-システイン 240mg 240mg

アスコルビン酸(ビタミンC)

 500mg 500g
パントテン酸カルシウム 30mg  24mg

キミエホワイトは、L-システイン 、アスコルビン酸(ビタミンC)の成分量はハイチオールCホワイティアと同じなのですが、

パントテン酸カルシウム 24mg、ハイチオールCホワイティアは30mgで、キミエホワイトよりもパントテン酸カルシウムが6g多くて、お値段も安いんですよ!

ロスミンローヤルは生薬が配合されていて「しみ、そばかす」の他に「小ジワ」にも効く唯一の医薬品なので、L-システインが主成分ながらも、違いがあるのですが、

データ上は、キミエホワイトとハイチオールCホワイティアだったら、ハイチオールCホワイティアのほうがいいなと思うのです。

キミエホワイトプラスのほうが美白効果が高かった?

ですが、私の場合は、キミエホワイトプラスを使った時は何故かすごく肌の色が白くなって、ハイチオールCホワイティアの時は

そんなに変わらずだったのですね。^^;3ヶ月以上続けてみたんですよ。

ハイチオールCホワイティアの時は誰も無反応で、私だけ「そういえば、白くなったかな~」ぐらいの変化だったのですが、

キミエホワイトプラスの時は、5ヶ月でこんなに白くなっていました。

キミエホワイトプラスを5ヶ月飲んだ私の手の肌の色ビフォーアフター

キミエホワイトプラスの時は、久しぶりにあった友達が

めっちゃ白なってるやん!!どうしたん!?どうしたん!?
うっそん!めっちゃ白なってるやん!
めっちゃ白くなったやん!なにやったん?

と、私の写真を撮って、他の友達に「めっちゃしろなってる!」と大爆笑しながらLINEしていたので、他の人から見ても明らかに変化があったんですよ。

しみ・そばかすが薄くなるのかと思っていたら、体全体が日焼けする前のような肌になったので驚きました。

20年ぐらいこんな白い肌になったことはなかったです。^^;

こんなに違いがでるほど、白くなった事実があるので、「やっぱりキミエホワイトいいのかな?」と思ったのですが、

この頃は「飲む日焼け止め・ホワイトヴェール」と「高濃度ビタミンCリプライセル」も併用して飲んでいました。

飲む日焼け止めは日焼けを防いでくれるし、高濃度ビタミンC「リプライセル」は吸収力が98%と高く、血中にビタミンCを直接入れるビタミンC点滴クラスに良いと言われていて、

リプライセルとハイチオールCホワイティアの組み合わせ

美容皮膚科などのクリニックでも販売しているビタミンCと同じなので、美白効果がスピードアップしたのだと思います。

リプライセルは単体で飲んでも、肌が明るくなってるのを感じたので、この美白効果はリプライセルなしではありえなかったのかも?

リプライセル
高濃度ビタミンC点滴よりも美白効果?!?ビタミンCサプリメントリプライセル口コミ感想美白・美肌にビタミンCは欠かせない!高濃度ビタミンC点滴の自宅ケアは点滴よりもすごい美白力 看護師さんをしている長年の友人が すご...

他のビタミンCでもいいかもしれませんが、普通のビタミンCを1000mg取ると、吸収率は21%なので、リプライセルの吸収率98%はやっぱり違いますよね。

前述ましたが、私が美容皮膚科クリニックでシミのレーザー治療を行った時に、

  • ハイチオールC
  • ビタミンC
  • トランサミン

を処方されたように、美白効果のある医薬品やサプリメントを併用するのが確実なのでしょうね。

美容皮膚科などクリニックだって、レーザー治療して、さらに美白薬も3種類も飲んでるのですから。

別ページで紹介しますが、美容皮膚科のシミのレーザー治療は、3日ぐらいしたらシミがすごく濃くなってしまって、

そのまま飲み薬3種類を毎日朝、夜飲んで、ハイドロキノンクリームで毎晩漂白必要があるので、

こんなに手間暇がかかるなら、レーザー治療は失敗したと思っています。

なので、地道に毎日のケアを頑張ったほうがいいと思います。

私だけじゃなく、レーザー治療してもまたシミが出てくるって口コミ、検索したらほんと多いですしね。

ハイチオールCホワイティアがおすすめの人は?

しみと小じわが気になる方、冷え性の方は「ロスミンローヤル」がおすすめですが、

ハイチオールCホワイティアとの比較 ロスミンローヤル 飲みやすい小粒画像

しみそばかすが気になる「酒飲み」さんは、二日酔いケアもできる「ハイチオールCホワイティア」「キミエホワイトプラス」がおすすめです。

ハイチオールCホワイティアとキミエホワイトプラス比較

にきびにもいいので、にきびができるお若い方もロスミンローヤルよりもハイチオールCかキミエホワイトがおすすめですね。

またはニキビ・そばかすには「ミルセリンホワイト」も。こちらも料金的に高額ではなく、製薬会社発の信頼できる美白医薬品なのでおすすめです。
ハイチオールCホワイティア ミルセリンホワイトとの比較